高濃度ビタミンC点滴

vitamin-c.jpg

美肌への美容効果

美容
にきび・しわ・しみ・そばかす・美白・肌荒れ・皮膚の老化防止
保湿
水分を強力に挟み込むセラミドの生成を促し、みずみずしい肌に導きます
ハリ・弾力
ビタミンCがコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力のもとを増やし肌を整えます
肌トラブルの改善
余分な皮脂の分泌を抑え、ニキビ予防、抗炎症作用が期待できます

疲労回復

経口内服に比べて血中濃度を効率よく高められるので、即効性があります。また、ストレスの積み重ねで発生する活性酸素を抑えて健康的なホルモンの働きを応援するので、ストレスに対応できる体をつくることができます。

抗酸化作用

細胞が老化する際の原因の約70%は、活性酸素だと言われています。高濃度ビタミンC点滴で、老化の原因となる活性酸素を除去します。経口でビタミンCやコエンザイムQ10、ビタミンE、ポリフェノールなどを効果的に摂取しましょう。

免疫力向上

高濃度ビタミンC点滴には、「白血球の機能」を強化する効果もあります。体の中に入ったウイルスや病原菌を排除する白血球の力で体の免疫力をアップさせることができれば、より健康的な毎日を過ごすことができるでしょう。

歯周病治療・対策

点滴の効果が現れるのは"体"だけではありません。歯科治療領域においても、効果が期待できます。歯周病をはじめとする、歯や歯茎のトラブルにお悩みの方も、是非、金内クリニックへご相談ください。

がん予防

血管から直接ビタミンCを取り入れることができる高濃度ビタミンC点滴には、がんを予防する効果も期待することができます。効果の詳細については、「がん予防の高濃度ビタミンC点滴」をご覧ください。

ビタミンCの働き

ビタミンC(L-アスコルビン酸)とは、抗壊血病因子として発見されさた水溶性ビタミンです。ほとんどの哺乳類動物は、ブドウ糖を基にしてウロン酸 サイクルからビタミンCを体内で合成することができますが、ヒトやモルモット等では生合成に必要なL-グロノ-γ-ラクトン酸化酵素が欠損しているため、 体内でビタミンCを合成することができません。そのため、野菜や果物など食物からビタミンCを摂取しなくてはならず、不足すると壊血病を引き起こす恐れも あります。

ビタミンCは、体内でコラーゲンの生成ならびに重要な抗酸化物質として働いている栄養物質です。その重要な栄養物質である「ビタミンC」を点滴投与することにより、高度なアンチエイジング美肌効果やがん治療・予防、または歯周病治療から抗酸化、免疫力向上など、あらゆ る方面で効果が期待できます。欧米では毎月定期的に点滴を行う方もいます。

なぜ点滴で投与するの?

経口摂取の場合、大量に摂取しても吸収が悪く、すぐに排泄されてしまいますが、点滴投与の場合は血中濃度を20~40倍に急激に増やすことができます。

点滴投与 経口吸収
吸収が早い
全身に行き渡りやすい
血中濃度を20~40倍へ増やす
吸収が悪い
すぐに排泄される

点滴投与のほうが体の隅々にビタミンCが行き渡りやすいので、高い効果を得られます!

当院の高濃度ビタミンC点滴は安心・安全

当院では、アイルランドで製造されたBioniche Pharma社のビタミンC25g製剤を使用しており、国内産のビタミンC製剤と違い、防腐剤は一切入っていません。 また、高濃度ビタミンC点滴療法の世界的中心地であり、すでにこの治療に関して30年程の実績のあるアメリカ・カンザス州の「リオルダンクリニック」と同じ点滴方法(リオルダン・プロトコル2009に基づく)、同じビタミンC製剤を使って治療を行っておりますので、安心・安全に高濃度ビタミンC点滴療法を受けることができます。ぜひご相談ください。

料金

お手軽アンチエイジング

料金:1回 6,000円(税別)
お手軽に受けたい方は、ビタミンC10gの点滴をがお勧めです。

しっかりアンチエイジング

料金:1回 15,000円(税別)
しっかりとしたアンチエイジングをご希望の方は、ビタミンC25g含有の点滴がお勧めです。
※25g以上は溶血を起こさないために検査が必要になりますので、来院時にお申し付けください。検査について、担当からご説明をいたします。

健診・検査のご予約はこちらから

人間ドック・健康診断・各種検診について

健康診断のご予約

フォームよりお申込みいただけます。(最大10名まで)

オンライン予約

受付時間

月曜-土曜 午前 8:30~11:45 
午後 14:00~16:45 (日曜祝日・休診)
ご不明点はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

外来診療について

外来のご予約

診療時間

月曜-土曜 午前 8:30~11:45
午後 14:00~16:45
(土曜午前のみ/日曜祝日・休診)

  • 法人のみなさまへ
  • 外来診療表
  • 医療関係者の方へ